ご存知ですか“レファレンス”!?

  第8号 2008(平成20)年3月    取手市立図書館情報紙 ライブラリーぷらす               (1)

ライブラリーぷらす 編集発行:取手市立図書館   奇数月発行
〒302-0004 茨城県取手市取手1-12-16
電話( 0297)74-8361
取手市立図書館情報紙 2008年   http://www.toride-toshokan.jp
月のうた

『月のうた』

穂高 明著
ポプラ社(C)

図書館あらかると(2)

 図書館は,みなさんの探し物・調べもののお手伝いをします。相談(レファレンス)サービスとは,みなさんの「〜を知りたい」のお手伝いをするサービスです。本の所在確認や日常の小さな疑問から,お仕事に必要な情報収集,調査・研究の資料探しまで。どうぞお気軽にお尋ねください。
 図書に他にも,新聞・雑誌,データーベース,インターネット情報など,豊富な資料を使って図書館員がお調べします。すぐにお答えできない場合は,後日ご連絡を差し上げます。

レファレンスルーム
頭のうちどころが悪かった熊の話

 学習やお仕事,日常の疑問などにお役立てください。
 また,最近はパソコンでの蔵書検索も普及し必要な資料を自分で探し,入手できる反面,単純なキーワード検索以外の探し方がわからず思うように資料が見つからない人も少なくないようです。
 「資料の探し方がわからない」「読みたい資料が貸出されている…」などお困りの際は,カウンターにお越しください。蔵書検索のお手伝いもいたします。

乳と卵

*レファレンスサービスは,資料をご提供することを目標としております。クイズや課題の回答,医療・健康・法律相談等はお受けできませんのでご了承ください。

バインダー

●こんな質問にもお答えしています。
「クワガタの越冬についての本」
「湖はどうしてできる?」
「小貝川の水害の歴史を知りたい」
「団塊世代・高齢者の消費志向がわかる統計や
 図書を見たい」 

☆理由1=本があるから。
  最近おもしろかったのは『月のうた』
  『乳と卵』『頭のうちどころが悪かった
  熊の話』。
☆理由2=調べもののお手伝いができるから。
  先日は,「韓国の鳥“カチ”の出てくる
  わらべ歌を探している」という方に,本
  やインターネット,外部機関を利用して
  回答できました。満足して帰られたお客
  様をみてうれしく感じました。
☆理由3=人のパワーに触れられるから。
  図書館ボランティアの方々がアイディア
  を持ち寄って,積極的に活動されている
  姿にいつもパワーをいただいています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 さて,今日はどんな本や調べものやパワー
に出会えるのでしょうか。図書館のおもしろ
さを多くの方に伝えたいと思いながら出会い
を楽しみにしています。
          [ふじしろ K]

図書館員のつぶやき

「図書館が好きです。」

『頭のうちどころが
  悪かった熊の話』

安東 みきえ作
下和田 サチヨ絵
理論者社

『乳と卵』

川上 未映子著
  文芸春秋社